BIGBANGのG-DRAGON、大麻事件について言及
BIGBANGのG-DRAGONが、一昨年の大麻事件をきっかけに

人生を振り返ってみることができたと打ち明けた。

G-DRAGONは15日午後、韓国で放送されたSBSバラエティー番組

「サンキュー」で「一昨年、事件があってテレビ出演ができず、

ひまわりのようだったファンたちの心が揺れた」と話し始めた。

続いて彼は「その事件後、涙をたくさん流した。

一人で考える時間を持って、振り返ってみるきっかけになった」とし

「事件があってからは、謙虚になった。最近家族と一緒に暮らしながら、

家族のことも見つめ直すことができた」と、危機を通じて

教えられたことについて述べた。

また、この日の放送でG-DRAGONは「若い時に余りにも大きく

成功してしまうと、実感ができなくなるようだ。  

自分も知らないうちに人気に鈍くなった。

虚しくて夢が無くなった感じだった」と打ち明けた。

続いて彼は「何もかもがつまらなくて、ありがたいと

思えなくなった。自分が一番だと思っていた」と愚かだった

自分の過去を正直に話した。


20130317.jpg
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 気になる韓国. all rights reserved.